運営:八事財産税理士法人 山田税理士事務所

相続相談オフィス名古屋

愛知県名古屋市天白区表山1-118

お気軽にお問合せください

052-834-1311

営業時間

9:00〜18:00(土日祝を除く)

同族会社における事業承継の問題点

中小企業の多くは同族会社

我が国の企業の9割以上は中小企業であり、個人事業主も合わせると約380万強の事業者が存在しています(※平成26年時点「2016年中小企業白書」より)。

そして、その多くが同族会社、つまり特定の親族などが支配・経営する会社(いわゆるファミリー企業)であると言われています。

このような中小企業では、後継者が創業者の一族から選ばれるケースが非常に多いといえます。特に、創業者は、金融機関との関係で個人保証を提供している場合が多く、創業者の個人資産が企業経営の中に組み込まれていることから、親族内から選ばざるを得ないという状況もあると思います。

創業者の相続と株式の承継

このような同族会社においては、株式が同族の中で保持されていることが一般的であり、特に創業者に集中していることが少なくありません。このような場合、創業者の存命中は問題ありませんが、創業者が死亡し相続が開始した際に問題が生じるケースがあります。

というのも、経営者(社長)としての地位は親族の中の一人に専属させることができても、創業者が有していた株式をその後継者に専属させるためには、他の相続人が有する相続権(または遺留分)に配慮する必要があるのです。すなわち、後継者以外の相続人への株式の分散を防ぐために株式を後継者に相続させる場合は、他の相続人に株式の代わりとなる財産を相続させる必要が出てくるということになります。

円滑な事業承継のために生前の対策を

同族会社にとって、後継者の確保自体が大きな課題ですが、後継者候補がいるだけでは安心できません。先代の創業者の存命中は円満だった親族関係が、その死亡に伴う相続をきっかけとして紛争になり悪化するケースは少なくありません。

家庭裁判所における遺産分割の事件数は、平成26年には15,261件と平成6年の1.54倍(平成6年は9,868件)に増加しており、その7割以上が遺産額5,000万円以下の事案といわれています。このことは、財産が少ないからといって相続問題が生じないわけではないことを示しています。

親の目が黒いうちは顕在化しなかった親族間の不平不満等が相続を機に一気に噴出したりすると、もはやそれは損得(勘定)の問題ではなく、気持ち(感情)の問題となってしまい、収拾がつかなくなってしまうのです。

このような相続特有の問題に事業承継が絡んで紛争が生じてしまうと、もはや本業の発展どころか、本業の経営に悪影響を及ぼしてしまうことは想像に難くありません。

経営者にとって、生前の事業承継対策は、後継者の確保と共に取り組まなければならない重要課題といえるでしょう。

 

 

サービスのご案内

相続税の試算

公正証書遺言

相続財産調査(財産目録)

相続税の申告

相続対策プランニング

事業承継対策

相続お役立ち情報

遺言の種類

自筆証書遺言は、自分で書いて押印するだけなので、筆記用具と用紙さえあれば簡単に作成でき、費用もかかりません。ただ、一部でも自書していなかったり、日付が欠けていたりするだけで、遺言書が全部無効になります。

(続きを確認する)

相続税対策と不動産

相続の対象となる財産の評価は、財産の種類によって異なってきます。例えば、現金や預金はそのままの額で評価されるのに対し、土地は、路線価の8割で評価されます。

(続きを確認する)

養子縁組での相続対策

相続税対策としての養子縁組には、さらに注意しなければならない点があります。

よくある事例なのですが、お孫さんを養子にするという方がいらっしゃいます。

(続きを確認する)

相続相談のお問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話での相続相談のお問合せはこちら

遠方の方でもご相談可能です!!

052-834-1311

受付時間:9:00〜18:00(土日祝を除く)

お問合せ・無料相談はこちら

お問合せはお気軽に

052-834-1311

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

相続相談オフィス名古屋

運営:八事財産税理士法人
山田税理士事務所

052-834-1311

愛知県名古屋市天白区
表山1-118
【対応エリア】
名古屋市(天白区、緑区、瑞穂区、名東区、昭和区、中区、中村区、西区、中川区、港区、南区、熱田区、北区、東区、千種区、守山区)
一宮市、春日井市、瀬戸市、尾張旭市、豊明市、東海市、豊田市、日進市、長久手市
※その他のエリアもご相談ください